なぜ一般歯科で本格オフィスホワイトニングをしないのか

なぜ本格オフィスホワイトニングは一般歯科で行っていないのか~東京でホワイトニングはホワイトマイスター

こんにちは!台風が来たり、猛暑が続いたりしますが、皆さん元気に白い歯で笑って過ごせていますか?
今回は、ホワイトニング(特に本格オフィスホワイトニング)についてのよくある誤解について、お話させてください。

ホワイトニング東京

当院へいらっしゃる患者様の中には、歯の治療途中の患者様も多くいらっしゃいます。

「え?歯が治療途中でもホワイトニングできるの?」「むし歯があってもホワイトニングできるの?」と思われる方も多いかもしれません。

実は、『むしろ、治療途中の場合は、完全に治して治療が終了してしまう前にホワイトニングをした方が良い場合が多い』のです。
確かに、「むし歯が治っていない間に、ホワイトニングをして歯が痛くならないの?歯が弱くならないの?」といった心配をされるのも当然です。

しかし、当院のオフィスホワイトニングは全て歯科医師が責任を持って一つ一つ丁寧な施術を行います。
ですから、むし歯がある場合も、9割以上の患者様に、問題なく安全にホワイトニングできてしまうのです。

「完全に治療が終わる前にホワイトニングをした方が良い理由」は、詰め物や被せ物を入れてしまった後でホワイトニングをして全体的に歯を白くしようとしても、その人工物の部分は薬剤によって白くはならないので、詰め物・被せ物と天然歯との色の差が出てしまうこともあるからです。
また、最近は「かなり白いセラミックの被せ物」を入れる傾向が高く、天然の歯よりも極端に白い被せ物を入れられてしまうことも多くあります。

上下で歯の色が違いますね。
上は白い被せ物、下は天然歯。

「いっぺんに上の歯を全て白いセラミックにしてきたんだけど、下の天然の歯との色の差がありすぎるので、下も凄く白くしてほしい!」という声もよく聞きますが、これは一般的にはとても難しいことなのです。

なぜならば、ホワイトニングでは”その方の天然歯の色の限界まで白くする”ことは出来ますが、それ以上の白すぎる色まで白くするのは難しく、”白ペンキを塗って白くする訳ではないので「この色にしたい」と白さを後から合わせることも難しい”のです。

ですから、治療途中の場合は『最終的な被せ物を被せる前に、ホワイトニングをして天然の歯を限界まで自然に白くしておく!』というのが鉄則です。

しかし、それならば、「一般の歯科医院ではなぜ、一回で効果の高い本格ホワイトニングを治療途中でやってくれないの?」
と疑問に思われる方も多いでしょう。

それは、声を大きくしては言えない事なのですが、「歯科医院の経営の都合上」なのです。。
実は、この当院で行うような一回で効果の高い本格ホワイトニングは「チェアタイム」とう”患者様が治療の椅子に座っている時間”が一般的な治療に比べてとても長いのが特徴です。
お手軽な、効果の低いホワイトニングでは一回8分等、短いのですが、それでは効果は殆ど無いので、結局4~5回以上は通うことになり、それでも限界の白さまで行くことは難しいでしょう。
では、なぜ長い時間で効果の高いホワイトニングを行わないのか?
ーーーーーーーーーそれは、短時間で、回転数を良くして、何回も受けてもらって、売り上げを上げたいためなのですね。。

経営上、仕方が無いことかもしれませんが、患者様もそれでは満足できずに、悲しいですよね。
そこで、最近はもう、良心的な歯医者さんの場合は、一般歯科の先生の方から「うちは効果が高いオフィスホワイトニングはやっていないから、ホワイトニング専門医院へ行ってやってきてから、最終的に被せようか?」と提案して下さることも多いようです。

皆様も、このカラクリを知ってしまった以上、白い被せ物を被せる前に「ホワイトニング専門歯科で効果の高いホワイトニング」をしっかり受けて後に後悔はしないように、気をつけてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でホワイトニング予約するなら当院のホワイトニング

無料カウンセリング受付中

東京でホワイトニングならホワイトニング当院へ

03-6433-5354

オンライン予約は24時間受け付けております。

東京、表参道の当院の歯を白くする流れ

東京で一回で歯を白くするホワイトニング専門歯科のブログ

ホワイトニング専門歯科
ホワイトマイスター

東京表参道の当院へのアクセス

03-6433-5354

住所

〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビル9F

地下鉄 表参道駅「B1出口」徒歩1分

営業時間

営業日

定休日 水曜日

営業時間

午前 10:30~13:30
午後 15:00~20:30
 (土日祝は~18:00まで)

03-6433-5354