安いホワイトニングの実態

安いホワイトニングの実態~東京でホワイトニングなら当院へ

最近、フランチャイズ化が進んで、どんどん増えている、安いホワイトニング医院。
エステサロンのセルフホワイトニングが、歯磨き粉を塗っていて効果がないのはわかったけど、歯医者さんで安いホワイトニングをしている所って、どうなってるの?どんなシステムなの?という疑問も、よく耳にします。
そこで、今回は、その実態について、ご説明しようと思います。
(内緒で法のグレーゾーンをついて安いホワイトニングシステムを提供されている医院様。患者様にも、実際のシステムや使用薬剤を知る権利があると思いますので、実態を明かしてしまう事はご了承下さい)

簡単なことですが、「歯科医院なのに、自費で安いホワイトニングを提供できる」=「そのホワイトニングシステムや材料費に、大きな費用がかかっていない」という事になります。
材料費、つまりホワイトニング薬剤の原価は、実は、20本の歯を全部行ったとしても「約80円」なのです…。確かに、これならば一回当たり数千円でも利益は凄く出ますよね。
「でも、何でそんなに安いホワイトニング材料があるの?」と思われる方も多いのですが、これは、実は「本来のホワイトニング薬剤ではない」からなのです…。
実際は、「器具消毒用」の「漂白剤(=過酸化水素)」を歯のホワイトニング剤として調合して作って使っちゃおう!という事になっているのです。
さすがに器具の消毒剤そのままだと、歯がダメージをダイレクトに受けすぎてしまいますので、これに「歯磨き粉」を混ぜているんです…。
歯磨き粉の成分は、ポリリン酸やメタリン酸などという成分で、一応再石灰化作用があると言われている成分です。しかし、元があくまで「器具消毒用の漂白剤」なので、本来のホワイトニング薬剤のように正しい粘稠性があったり、しみ止めの成分が付与されていたりしないので、とても危険だと思われます。
効果ももちろん、低くなってしまいますが、それよりも、安全性の方が心配ですよね。
スタッフ側はあまり自身からはそのような実情をお話にならないと思いますので、見分け方としては「当院独自の調合」や「お薬を作ってきます」などのキーワードがあった場合には、既製品の安全なホワイトニングではないと思います。

このような現状を知ってしまっているので、そのような所でホワイトニングを受けられて辛い思いをされた患者様も当院に来られた場合は、当院のシステムの違いをしっかりと説明させて頂いています。
当院の場合は、もちろん、FDA認可のホワイトニング先進国アメリカの最新の「本来の」ホワイトニング薬剤を使用しております。(なので、材料費もやはり先ほどの独自調合の物の100倍はしてしまいますが…)
なので、安全に、しかも確実に一回でも、術前よりも白くなるのです。

この現状を知ってしまっては、なかなか気軽に色々なホワイトニング医院には行けないかもしれません…。器具消毒薬を歯に塗られているのかな?と心配に思われたら、既製品のホワイトニング薬剤か、や発売元などをお聞きになっても良いかもしれませんね。
でも、安全で確実なホワイトニングをお得にお受けになりたい場合は、ぜひ当院へお越し下さい。お待ちしております♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でホワイトニング予約するなら当院のホワイトニング

無料カウンセリング受付中

東京でホワイトニングならホワイトニング当院へ

03-6433-5354

オンライン予約は24時間受け付けております。

東京、表参道の当院の歯を白くする流れ

東京で一回で歯を白くするホワイトニング専門歯科のブログ

ホワイトニング専門歯科
ホワイトマイスター

東京表参道の当院へのアクセス

03-6433-5354

住所

〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビル9F

地下鉄 表参道駅「B1出口」徒歩1分

営業時間

営業日

定休日 水曜日

営業時間

午前 10:30~13:30
午後 15:00~20:30
 (土日祝は~18:00まで)

03-6433-5354