歯が黄色くなるのはどうして?ホワイトニングの目的

歯が黄色くなるのはどうして?~東京のホワイトニング専門歯科ホワイトマイスター

今回は、ホワイトニングの基礎知識について。

そもそも、歯が黄色くなるのはどうしてなのでしょうか?
その原理を知って、気をつけたりすることで、歯が黄色くならなかったら、ホワイトニングは必要なくなりますよね?

私たちは、毎日、多くの着色物質を口にしています。お茶・コーヒー・カレー・ビーフシチュー・醤油・ソースなど、色が濃い飲食物をあげればきりがありません。
これらの物質が、微量に歯の表面に沈着して、程度の差はあれ着色物質の層が出来ますが、これらの着色物質は、通常の歯磨きでは落とすことはできません。

ホワイトニングとクリーニングは違う

クリーニングでは、歯が白くなりません。

また、歯科医院での歯のクリーニングを行っても、実は、全部は除去できないのが実情です。
毎日、ごしごし磨き続けても、歯のエナメル質がだんだん薄くなり、やがて黄色身を帯びた中の象牙質の色が透けて見えることになり、かえって黄色い歯になってしまう可能性もあります。
歯のエナメル質は、カルシウムやリンなどの無機質から成っていますが、その2~3%は水分・たんぱく質で出来ています。
このたんぱく質の中に着色物質が浸透し、エナメル質内層に着色部分が発生しますこの着色は、ホワイトニング治療以外に除去する方法はなく、クリーニングだけでは取り除くことが出来ません。

ここで、歯の色と歯の構造との関係についても説明します。

歯の構造を模式的に描いた図をお見せして、説明します。

ホワイトニングと歯の構造

象牙質の黄色い色が透けて見えている!

歯の表面は「エナメル質」と呼ばれる硬い層になっています。カルシウムやリンを豊富に含み、虫歯菌から歯を守ってくれます。
ここで、重要なのが、エナメル質は半透明のため、外から見ると、エナメル質の内側にある象牙質の色が透けて見える事です。
象牙質の色は、人によって異なりますが、全体的には黄色味を帯びています。

普段は、半透明のエナメル質を通して、内部の象牙質の色を見ていることになるので、「歯の色が黄色い」という場合には象牙質の色がその「犯人」というわけなのです。
そこで、ホワイトニングとは、この象牙質の色を抜いて(脱色して)歯を白く見せるという、唯一、「本当に歯を白く出来る行為」なのです。

しかし、最近では、脱色作用があれば多少危険でも、法律のグレーゾーンを攻めれば問題ないという考えの医院も増え、食器や衣料品などの漂白剤(某、○イターというような成分)を独自薬剤として使用し、安価なホワイトニングとして提供する医院も出てきました。

患者の立場からすると、とても見分けが難しいのですが、一生物のご自身の歯ですし、しっかりと、ホワイトニング先進国アメリカのFDAに認められた既製品の薬剤を使用している医院を見極めて、安全で効果の確かなホワイトニングを受けて頂けるようにと願っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でホワイトニング予約するなら当院のホワイトニング

無料カウンセリング受付中

東京でホワイトニングならホワイトニング当院へ

03-6433-5354

オンライン予約は24時間受け付けております。

東京、表参道の当院の歯を白くする流れ

東京で一回で歯を白くするホワイトニング専門歯科のブログ

ホワイトニング専門歯科
ホワイトマイスター

東京表参道の当院へのアクセス

03-6433-5354

住所

〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビル9F

地下鉄 表参道駅「B1出口」徒歩1分

営業時間

営業日

定休日 水曜日

営業時間

午前 10:30~13:30
午後 15:00~20:30
 (土日祝は~18:00まで)

03-6433-5354