ホワイトニングで色むらは直る?

ホワイトニングに伴う色むらの問題|東京でホワイトニングなら当院へ

当院に来られる患者様の中に、1本の歯の中に「色むら」があるという方がいらっしゃいます。

「色むら」とは、専門用語で「白斑=ホワイトスポット」「縞模様=バンディング」などといいます。これらは、生まれつき、歯が生えてきたときからある方が殆どです。

そのような方は「もともと、私の歯って模様がついていて、弱いのかな?」という不安だったり、やはり歯の色が自然なグラデーションにはなっておらず、一箇所だけ白かったりするのでコンプレックスに思われている方も多いようです。

これは、実は通常より極端に歯が弱いとか、削れているとかというわけではありません。
歯が形成されている最中(歯茎の中にあるとき)に、風邪を引いたり、お腹を壊したりしてしまって、体調を崩してしまったときなどの原因で、生えたてのときから歯に色むらがあることがあるのです。

では、これが気になる場合、ホワイトニングをするとどうなるのでしょうか?

実は、ホワイトニング直後(数日~1週間)は、逆にもっとハッキリと白い部分が目立つことがあります。これはもちろん、視診時にお伝えはしています。

しかし、時間がたつとだんだん、なじんでいき、白くなかった歯の部分は白くなっていることから、最初よりも色の差が気にならなくなる方も多いです。

しかし、やはり個人差もあり、どうしても気になるので完璧な自然なグラデーションの歯の色にしたい、という場合は、本来健康な歯にもかかわらず、削って偽者の被せ物をしないといけなくなります。
せっかく健康な歯なのに、色のために削ってしまって、歯の寿命を半分にしてしまうのは、悲しいことです。

心配な方は、まずホワイトニングをして、一週間ほど待って、以前よりも気にならなくなるか試してみてほしいと思います。歯は、一度削ってしまったらもう二度と元には戻りません。削った部分から見えない細菌が少なからず入って歯を蝕んでしまうのです。
まずは、当院ホワイトニング専門歯科医師にご相談いただき、安心してホワイトニングをお受け頂きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でホワイトニング予約するなら当院のホワイトニング

無料カウンセリング受付中

東京でホワイトニングならホワイトニング当院へ

03-6433-5354

オンライン予約は24時間受け付けております。

東京、表参道の当院の歯を白くする流れ

東京で一回で歯を白くするホワイトニング専門歯科のブログ

ホワイトニング専門歯科
ホワイトマイスター

東京表参道の当院へのアクセス

03-6433-5354

住所

〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビル9F

地下鉄 表参道駅「B1出口」徒歩1分

営業時間

営業日

定休日 水曜日

営業時間

午前 10:30~13:30
午後 15:00~20:30
 (土日祝は~18:00まで)

03-6433-5354