歯の白さのレベルを判定するには

「ホワイトニング時の歯の白さのレベルを判定するには?」~一度で白い歯ホワイトニング

ホワイトニングは「歯を白くする」行為なのですが、「どれくらい歯が白くなったのか」を正確に知るには専門機器と知識が必要になります。
今回は、本物のホワイトニングの効果を証明できる歯の色の判定法や、その重要性についてご説明致します。
少しでも、患者様がホワイトニングを受けられる時の安心に繋がればと思います。

こちらのカラーガイドが、他院でオフィスホワイトニング前後で使用される色見本です。(専門歯科用語で、「VITA クラシカル シェードガイド」などといいます)

他院でオフィスホワイトニングを経験された方は、こちらで術前術後に鏡を見ながら、「この色だったのが、この色になりましたね!」と測定された事と思います。
一見、こちらの表は「白い色~濃い色」という順にならんでいそうですが、実際は、このカラーガイドはホワイトニングの歯の色を測るためのものではありません。
そのため、正確にホワイトニング前後の色の変化を見ることは出来ないのです。
なぜ?
それは、この一般的に使用されているカラーガイドは「明度順のみ」を基準にして配列されており、「実際の目で見た感覚とは違うから」なのです。
上記画像でも、B3よりもD3の方が濃く見えたりしませんか?
これが、さらに術者による目分量によってきめられてしまうので、照明の具合や、見る方向などによってかなり誤差が出てきてしまいます。
その結果、「いくらでも誤魔化せてしまう」という事になるのです。

ホワイトニング前後の歯の色を正確に測る事が出来る専門機

では、「本物のホワイトニング」に拘っている当院はどうなのか?
もちろん、高価な専門機器を使用して、正確な前後の歯の色を測定しています!

Shade Up Naviという、日本の大手歯科メーカーが研究を重ね、製造した最新のホワイトニング専門色調測定器なのです。
日本製なので、日本人の歯の色を正確に測定できます。逆に、本当にホワイトニング前後の歯の色を測る事しか出来ない専門機器なので、通常この専門機器は歯科医院にも置いていません。ホワイトニング専門医院でもある事は殆ど無いです。これで測定してもらう事も難しいと思います。
しかし、「本物のホワイトニング」に拘る当院では必ず、この専門機器を使用して行います。この機械で測れば、どの医師が測っても、どんな場所でどんな時に、どんな証明の下で測っても「同じ、正確な歯の色の測定値」しか出ないのです。
誤魔化しはききません。これで数値が上がっていなければ、白くはなっていないですし、上がっていれば効果が出ているということが確実にわかるのです。

この専門の測定が行えるのも「本物のホワイトニング」に拘る当院だからなのです。
今まで、「術後に、術者には~段階白くなったとは言われたけど、よく分からない」という方にはきっと安心をして受けて頂けることと思います。

当院でしか体験することのできない「安心の、本物のホワイトニング」を是非、この機会にどうぞ★ キャンペーンは早い者勝ちです☆

東京でホワイトニング予約するなら当院のホワイトニング

無料カウンセリング受付中

東京でホワイトニングならホワイトニング当院へ

03-6433-5354

オンライン予約は24時間受け付けております。

東京、表参道の当院の歯を白くする流れ

東京で一回で歯を白くするホワイトニング専門歯科のブログ

ホワイトニング専門歯科
ホワイトマイスター

東京表参道の当院へのアクセス

03-6433-5354

住所

〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビル9F

地下鉄 表参道駅「B1出口」徒歩1分

営業時間

営業日

定休日 水曜日

営業時間

午前 10:30~13:30
午後 15:00~20:30
 (土日祝は~18:00まで)

03-6433-5354