オフィスホワイトニングVSホームホワイトニング

オフィスホワイトニング~東京のホワイトニング専門ホワイトマイスター

3月6日 オフィスホワイトニング VS ホームホワイトニング

今回は、歯を漂泊できるメカニズムについてご説明しながら、患者様にもよく質問を頂く「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」のちがいについてまとめてみようと思います!

こちらは、一般的なオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いです。当院のオフィスとホームの特徴は以下に加えます。

①まず、オフィスホワイトニングの場合は、ホームホワイトニングに比べて薬剤の過酸化水素が高いのです。そのため、エナメル質内部への浸透が早く、漂泊効果も強くはっきりと現れるのです。
さらに、オフィスホワイトニングの薬剤にはその種類によって、アルカリ性や酸性、中性など、液性と言われる違いもあります。しかし、一般的な消毒・漂白剤の過酸化水素や、「ZOOM」「ハイライト」などの酸性の薬剤は歯の表面を溶かしてしまう悪影響や、後戻りが早いという欠点があります。
ちなみに、当院のオフィスホワイトニングは中性(水と同じ)なため、歯への悪影響はありませんし、つるつると光る様な透明感を保てます。

オフィスホワイトニングは一般的には、濃度が高く漂泊効果は即効性があるのですが、痛みが出易いという欠点もあります。
しかし、当院の最新の薬剤では「硝酸カリウム」「フッ素」「APF」など様々な痛みを防止する成分が含まれているため、事実、即効性が高いのに90%ほどの方は痛みません!
他のオフィスホワイトニングで「痛かった!」という方も、当院のホワイトニングでは痛みなく、グッスリお休みなられて終了し、あっという間に白くなっています。

②一方、ホームホワイトニング剤は過酸化水素濃度が低く抑えられている物が多く、なかなか漂泊効果がオフィスホワイトニングほどはっきり現れてこない事が多いです。しかし、薬剤の歯質への浸透スピードが遅いために、知覚過敏も起こさずじっくりと浸透させることが出来、その結果、象牙質という歯の深部まで漂泊させることができるのです。
その結果、後戻りしにくくなります。
当院のホームホワイトニングは、日本の材料屋を通さず、アメリカの最新薬剤を直輸入しているため、ホームホワイトニングの中でも高濃度なのに痛みが出にくい薬剤を1本たった2000円でお渡ししています。
また、ご好評につき、もう少し期間を延長させて頂いている「1周年記念キャンペーンのマイスタープラスホワイトニング」には、白さ保証として、5段階以上白くならなかった方にはこの高濃度なのに痛くないホームホワイトニングセットをプレゼントしております!

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングもそれぞれ、利点と欠点がありますが、当院にご来院頂いている患者様の中で『なるべく早く、そして確実に、限界まで白くし、後戻りをしにくくしたい』という患者様には、「オフィスホワイトニング」で一度でかなり白くした後、「確実性があり、後戻りもしにくいホームホワイトニング」を行い、完璧な処置をお勧めしています。
もちろん、「自分では不安」という方や「めんどくさい」という方は、3~6か月ごと位に、当院のオフィスホワイトニングを寝ながら行い、白さを維持していくという方もいらっしゃいます。

ご自身のご希望・ライフスタイルに合わせて、白く輝く歯を手に入れて頂ければと思いますので、当院ではご案内だけをしますが、無理な勧誘やコース設定などは一切行いません。

不安な事は、当院のホワイトニング専門歯科医師に何でもご相談下さい!

 

一度で白くなるホワイトニング専門ホワイトマイスター<トップページ>

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でホワイトニング予約するなら当院のホワイトニング

無料カウンセリング受付中

東京でホワイトニングならホワイトニング当院へ

03-6433-5354

オンライン予約は24時間受け付けております。

東京、表参道の当院の歯を白くする流れ

東京で一回で歯を白くするホワイトニング専門歯科のブログ

ホワイトニング専門歯科
ホワイトマイスター

東京表参道の当院へのアクセス

03-6433-5354

住所

〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビル9F

地下鉄 表参道駅「B1出口」徒歩1分

営業時間

営業日

定休日 水曜日

営業時間

午前 10:30~13:30
午後 15:00~20:30
 (土日祝は~18:00まで)

03-6433-5354