最近よくある激安ホワイトニング

ホワイトニング専門歯科が語る安い「ホワイトニングの落とし穴」のお話

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よくある激安ホワイトニングについて

2014年 12月 25日

最近、よく広告にデカデカと出ているのを見ますが・・

『ホワイトニング1本○百円』
『ホワイトニング20本で2500円』
など・・

これと比べると、1回完結ホワイトニング『マイスターホワイトニング』は高いように感じる方も。。。

色々なお店のホワイトニングを試された方はよくご存じとは思いますが、

セルフホワイトニングや、1本数百円、全部でも数千円、などのところでは
数回通って行ったとしても、残念ながら、あまり白くなりません。。。


まずは、セルフホワイトニング。

これは、もちろん、エステサロンの様なもので、歯科医師などの国家資格のない方が管理しているので、本物のホワイトニング薬剤は扱えないのですね。

なので、実際にホワイトニングジェル、として塗っているものは『歯磨き粉』の成分になります汗

歯磨き粉なので、表面の多少の汚れは落ちる可能性はありますが、、
やはりそれに光を当てたところで・・・家での歯磨きレベル( ;∀;)

それに、数百円×20本などでも、かけるのは勿体ないと思います(+_+)



そして、歯科医院・有資格者のいるところでも、20本、数千円位のホワイトニング

これは、薬剤の成分を聞いてみれば納得頂けます!
『ポリリン酸』『メタリン酸』などの『○○リン酸』を使っているのですね。
これも実は、歯磨き粉の成分なのです。
なので、ズバリ、お安いし、簡単に手に入るのですね。

こちらは医院で扱っているものなので、過酸化水素というものを混ぜて、ホワイトニング(脱色)効果をつけているのですが、、
この過酸化水素は薬局などで購入できる、1.5リットル数百円の物を使用しています。。

そんなわけで、、かなりお安く薬剤をお作りになっているのですね。
それで効果が確実であれば良いのかもしれませんが
歯磨き粉成分と過酸化水素水を混ぜて濃度を弱めただけなので、やはり即効性はありませんし限界があります(+_+)
しかも、この過酸化水素というのは劇薬として指定されていて、本来は消毒薬としてのみ使用するものなので、このような所で使用している薬はしっかりとホワイトニング用薬剤として認可された薬でないのです。

当然、本来のアメリカなどでの市販のホワイトニング薬剤(本来の市販のホワイトニング専用薬剤を使用したホワイトニングは数万円はかかります。材料費だけで1万円弱かかる為です)でなく、独自に消毒薬を混ぜて薬を作っているので、危険性もあります・・。

そういう面もカバーするために歯磨き粉成分を混ぜて、再石灰化作用もあり、歯に良いとうたったり工夫しておられますね。
ホワイトニング先進国のアメリカに勝とうと頑張って独自調合の薬で安くホワイトニングできるようにとの努力なので、応援したいところなのですが。歯磨き粉成分を混ぜた消毒薬のホワイトニング効果が低いのももちろんですが、本来の市販のホワイトニング用の薬剤ではないので安全性が心配です(;´Д`)

なので、当院では、アメリカの最新の一回の通院でも効果が高いホワイトニング剤を使用しています。
3度塗り&3回照射で一度の来院で平均8段階以上も白くなるというホワイトニングシステム。即効性があるのですが、硝酸カリウムという知覚過敏の予防成分と、歯質強化のフッ素も高濃度に入っておりますので、痛みも殆どなく安心です。

何より、一度で8段階白くなるホワイトニングは平均市場価格7~8万円もするのですが、当院は約3万円(税抜27,800円)とかなりお安いので
ビックリされますが、本物のホワイトニング薬剤をお一人一人新しくパックされたものをちゃんと使用しております♪

気なる方は、無料カウンセリング&無料検査に、いらして下さいね(^^)/
 

東京でホワイトニング予約するなら当院のホワイトニング

無料カウンセリング受付中

東京でホワイトニングならホワイトニング当院へ

03-6433-5354

オンライン予約は24時間受け付けております。

東京、表参道の当院の歯を白くする流れ

東京で一回で歯を白くするホワイトニング専門歯科のブログ

ホワイトニング専門歯科
ホワイトマイスター

東京表参道の当院へのアクセス

03-6433-5354

住所

〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビル9F

地下鉄 表参道駅「B1出口」徒歩1分

営業時間

営業日

定休日 水曜日

営業時間

午前 10:30~13:30
午後 15:00~20:30
 (土日祝は~18:00まで)

03-6433-5354